山手ラーメンがミドリムシラーメンを販売開始、、その味と効果は?

ミドリムシが話題になって以来、その栄養効果が気になって試してみる人、ちょっと不気味と臆病になっている人とが出現しているようです。

 

でも、実際のミドリムシ商品の開発は、どんどん進んでいます。ドリンクやクッキーだけでなく、ラーメンやハンバーガーにまでミドリムシ入りが登場しているのです。

 

東大の赤門近くに

 

噂のミドリムシラーメンは、ミドリムシの研究にも関わっている東大の赤門近くで食べることができます。

 

ミドリムシラーメンが販売される前から行列人気のラーメン店ですが、実はミドリムシラーメンはこのラーメン店の本郷店にしか出ていないのです。

 

参考:山手ラーメン本郷 安庵

 

お店でミドリムシラーメンを頼んでみると、スープが鮮やかな緑色。ミドリムシのほかにバジルやパセリ、抹茶、粉わさびまで加えられていて、ここまで緑色のスープに色づくのも納得できます。

 

そうそう、このラーメンのメニュー名は「ミドリムシラーメン」ではなく、「みどりラーメン」なのでご注意を。麺とスープの上に盛られた具は、キャベツにわかめ、パプリカ、チャーシュー。

 

ヘルシーな色合いのラーメンながら、お肉も添えられているので男性にも人気です。豚骨ベースのスープは、ラーメンとしてバッチリ美味!

 

麺もシコシコとコシがあって、ブームのつけ麺と通常のラーメンタイプを選べるのも魅力です。いずれも700円ほどのお値段なので、お昼にお弁当を買うより健康的ですよ。

 

ユーグレナ社との共同開発

 

ミドリムシラーメンを販売しているのは山手ラーメンというお店ですが、共同開発しているのはミドリムシの研究と商品開発に力を入れているユーグレナ社です。

 

藻の一種であるミドリムシは、学名をユーグレナといいます。ムシという和名がつけられてはいますが、いわゆる昆虫のような生物ではなく微生物の一種です。

 

光合成をすることによって、60種類近い栄養素を作り出すのが特徴です。不健康ともいわれかねないラーメン一杯で、これほどたくさんの栄養素をとれるのですから、栄養がかたより気味という方には是非食べに行ってもらいたいグルメです。