ミドリムシ(ユーグレナ)の特殊天然物質「パラミロン」とは

ミドリムシ特有の成分として特殊な天然物質「パラミロン」があります。

 

表面にはミルクホールと呼ばれる無数の小さな穴が開いていて、コレステロールなどの体にとって、できるだけ残っていてほしくないものや、排出したい不要物を取り込むことができるといわれています。

 

パラミロンの構造

 

パラミロンの構造は炭にとても似ているといわれます。炭は消臭効果が高いことが知られていますが、これは炭の表面にある多くの穴が臭みの原因となる分子を吸い取っているからです。パラミロンは炭と同じ働きをして体の中の不要な物質を吸い取ってくれる優れものです。

 

中性脂肪・コレステロール・痛風等の改善に最適

 

また、パラミロンは油分などの不要な物質を排出するだけでなく、プリン体を摂取した時の吸収を抑制します。痛風にかかっている人には朗報ともいえますね。

 

パラミロンの小さな穴が、体内の悪玉コレステロール、中性脂肪をどんどん吸着して行きます。この作用によって、血液の流れがよくなって、動脈硬化を防ぐことができます。

 

パラミロンのもう一つの特性として「難消化性」ということがあげられます。たっぷりと体内の悪性物質や老廃物を吸引したあと、胃で消化されないまま人間の体外に輩出されます。

 

ミドリムシのパラミロンの活躍により、高いデトックス効果があるとともに、さらに、このパラミロンには腸の働きを良くして、便通を改善させる効果があり、腸管の粘膜細胞を刺激して、免疫機能を向上させるという力もあります。このようなパラミロンの作用によってダイエット効果も十分期待ができます。

 

 

前のページ | 次のページ