ミドリムシ(ユーグレナ)に含まれる成分

ミドリムシってどんな成分なのでしょう。

 

具体的には、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンBなどの14種類のビタミン類。9種の必須アミノ酸をはじめとする18種類のアミノ酸。鉄、マンガン、亜鉛などの主要なミネラル。DHA、EPAなどの不飽和脂肪酸。食物繊維のβ-グルカン(パラミノン)、クロロフィルなどです。

 

人間はこれだけの栄養素を食べれば生きていけるという完全食品に近いものをこんな小さな「藻」が持っているのです。ですから、現在はサプリメントだけでなく普通の加工食品の栄養バランスをとる原料として加えられています。

 

ミドリムシは、人間の身体に必要な59種類の豊富な栄養素を自然にバランスよく含んでいて、しかも吸収しやすいことで体に優しく「何となくだるい」「なぜかイライラする」などといった、病名は付かないけれど、身体が不調だという時に力を発揮します。

 

食品として用いれば、食物繊維だけではなく、肉や魚でしか摂ることができないたんぱく質やDHAなども摂取することができます。また、ミドリムシ固有の成分であるパラミロンにより、体内の毒素を排出させることができるので、まさに一石二鳥です。

 

吸収力が凄い

 

ミドリムシは植物のように細胞壁を持たないため、栄養消化率が93.1%前後と非常に吸収力が高い食品です。野菜などを摂取した場合、よく噛んでも栄養消化吸収率は40%前後だといわれているので、その効率性は、目を見張るものがあります。

 

食生活で足りない栄養を補う栄養補助食品としてテレビ・メディア・雑誌でも取り上げられるほどの評判です。

 

今では、ミドリムシを原料としたサプリメント、クッキー、ラーメン、ハンバーガーなどが売られていて、もはや「ジャンクフード」とはいわせないといった勢いがあります。

 

前のページ | 次のページ