ミドリムシとバイオ燃料

ミドリムシによるバイオ燃料で飛行機を飛ばすという実験が進んでいるらしいのだ。この実験が実用化されれば、燃料オイルが比較的安価で入手できるヒモそう遠くはないのかもしれない。今日はそのことについて色々と調べてきたので、この記事を最後まで読んでいってほしい。

 

ミドリムシと燃料の関係性

 

まずはミドリムシについて色々と話しをしていこうかと思っている。ミドリムシとは、まあ皆が知っている通りあのミドリムシなのだが、ミドリムシがなんでこうやって燃料の素材になっているのか、そのことから話をしていこうかと思う。

 

まず、微細藻類というのは陸上に生息している植物に比べて非常に生産性が高い上に、ミドリムシの性質がジェットの燃料にとても良く似ているということが大きいらしかった。

 

それに、今ミドリムシの大量培養に成功しており、より生産性が高くなっているのだ。そういったところから、今ミドリムシに着眼しているというわけだった。

 

実用化へ向けて

 

みどりむしがバイオ燃料として実用化されるのはまだ先なのかもしれない。だけれど、それが成功してしまえば本当に人類の大きな一歩になるであろう。

 

どうやら、実用化の基板はできているようなのであとは色々と手を加えるだけらしかった。しかしながら、その事業化はまだまだ先のことらしく、やはりそんなすぐにミドリムシバイオ燃料をお目にかかることは出来ないようだった。これからもっともっと培養して、そしてコストの削減に力を入れていくらしかった。